アクセス解析ツールを利用

IT

Webサイトを作成した際は、どれくらいの閲覧者がいるか気になります。企業によって、閲覧者の数や年齢、性別などを参考にしてサービスを提供するため、アクセス解析ツールが必須になります。また、アクセス解析ツールは、Googleアナリティクスが代表的です。

Googleアナリティクスは、Webサイトのアクセスを解析する方法の1つであり、活用することで様々な情報を読み取り分析することが出来ます。例えば、Webサイトにどれだけのアクセスが集まっているかなど、アクセスを解析することができます。また、リアルタイムのアクセス数も解析できることや時間帯も解析することができるため、アクセスが集まる時間帯も知ることが出来ます。他にも、Webサイトを閲覧しているデバイスがわかるので、閲覧者の年齢層も分かるようになります。ちなみに、Googleアナリティクスの機能を参考にして作られた、JuicerというDMPがとても人気があります。

Juicerは無料で使えるサービスですから、気軽に利用することが出来ます。システムを導入する際の初期費用などもかかることもなく完全に無料のアクセス解析ツールとなっています。通常であれば、アクセス解析ツールは、数十万円くらいの契約料が発生します。しかし、Juicerであれば初期費用がなく、手軽にアクセス解析を可能にすることができます。JuicerはGoogleアナリティクスの高い解析能力を活用したDMPのため、開発費を抑えることができ、無料で提供することができています。

アクセス解析の必要性とは

IT

Webサイトを作ったら、アクセス解析ツールを導入することが大事です。また、Googleアナリティクスは、とても利用しやすいアクセス解析ツールです。同じくJuicerも使いやすい解析ツールです。

詳細を確認する...